2007年06月01日

ヘルガッチャ

 宮崎の大会日程更新しました。

 最近遊戯触ってなくてネタが無いので今週のGXの感想でも書いてみる。

 ネタバレとか嫌いな人やGX自体に興味ないとか嫌いって人は見ないほうがいいと思う。

 知らない人のために簡単な今までのおさらい。

 ヨハンを探すため異世界にやってきた十代たち。
 しかし暗黒界の狂王 ブロンの手によって万丈目サンダー、剣山、明日香、吹雪の四人が死亡。翔も十代に失望して十代の元を離れる。
 ジムとオブライエンはいなくなった十代を探していた。

今日は化石デッキ使いジムさんVSコザッキー

 コザッキーはなんとライダーを使ってきた。
 コザッキーのライダーによってジムはLP100まで追い詰められる。














…ライダーといっても今流行の『ライダー』じゃ無くて
『カオスライダー グスタフ』(ATK2000)
『カオスライダー グスタフ』(ATK1400)
『スカルライダー
のライダー3体の連携攻撃『暴走上等参連悪辰苦(ばくそうじょうとうさんれんアタック)』で追い詰められるジムであった。
ちなみに1ターンで『グスタフ』2体、『二重召喚』、『スカルライダーの復活』、『スカルライダー』、『ガジェット・ソルジャー』でコザッキーの手札は0。

 ジムは『化石融合−フォッシル・フュージョン』で自分墓地の『ウェザリング・ソルジャー』と相手墓地の『ガジェット・ソルジャー』を融合させ『中生代化石マシン スカルワゴン』を融合召喚。更に『タイム・ストリーム』で『古生代化石マシン スカルコンボイ』に逆進化。そして『スカルコンボイ』の効果で暴走族3体を轢き殺して効果で戦闘ダメージ1000+効果ダメージ1000×3で終了。

 『スカルライダー』とか懐かしいカードがでた。コザッキーの暴走族に大型トラックで対抗するジムさんであった。ジムの『化石融合』は恐竜族で「化石竜」、戦士族で「化石騎士」、機械族で「化石マシン」というように各種族ごとにバリエーションがあるらしい。でも自分の墓地の岩石族と相手の墓地のモンスターを必ず融合素材にしないといけない化石モンスターは面白いけど微妙。OCG化する際は是非この辺を直してほしい。

 あとは最後に異世界の支配者である覇王がついに正体を現した。その正体はなんと遊城十代であった。
 十代を元に戻すためジムと覇王十代がデュエルする。

 そのヘルガッチャだが「E-HERO(イービルヒーロー)」という新しいHEROを使うらしいが次回予告では『E・HERO フェザーマン』と『E・HERO バーストレディ』が融合している様子が映ったため「E-HERO」も「E・HERO」の融合体の可能性がある。たぶんこの「E-HERO」もカード化されそうな予感がする…
ラベル:遊戯王 GX
posted by キヨシ at 00:13| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

うつむき笑うその頬をつたう涙一粒

 youtube見てたら変更後の「遊戯王デュエルモンスターズGX」のOPがあって、それがかっこよかったので紹介してみる。(PCのみです。)

3期OP ティアドロップ
before



after


 異世界に消えたヨハンを探すストーリーにあわせてOPアニメが変更されたようである。

 変更後はヨハンやレイ、マルタン、コブラ、アモンが消えてヘルカイザー、エド、三沢、ブッキーが登場している。

 エドのシーンで『D-HERO Bloo-D』が登場したりヘルカイザーのシーンで『サイバー・エンド・ドラゴン』が登場したりと演出がかっこいい。

 また、ヨハンが透けてたり十代の回想の入っているシーンがヨハンとの回想になっていたりする。

 アニメキャラについては「テレビ東京・あにてれ 遊戯王デュエルモンスターズGX」(PCのみ)を参考にしてください。
ラベル:遊戯王 GX アニメ
posted by キヨシ at 00:11| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

エド・フェニックス

「遊戯王デュエルモンスターズGX」の98話「ついに発動!究極のDのカード」を見て面白かったので紹介。

エド VS DD
エド先行1ターン目
「僕のターン、ドロー!!
 マジックカード『デステニー・ドロー』発動!手札のD-HERO(ディーヒーロー)をセメタリーに送り、デッキから2枚のカードをドロー。
 マジックカード、『D−スピリッツ』!そのエフェクトにより手札から『ダイヤモンドガイ』を特殊召喚!
 『ダイヤモンドガイ』、エフェクト発動!デッキの一番上をめくり、通常マジックだったとき、次の自分のターンにエフェクトを発動する。僕が引いたのは『強欲な壺』。
 さらにマジックカード、『オーバー・デステニー』!セメタリーにいるD-HERO(ディーヒーロー)の半分以下のレベルのD-HERO(ディーヒーロー)をデッキから特殊召喚。セメタリーにいるのはレベル6(シックス)の『ディアボリックガイ』。よって、レベル3(スリー)の『ダイハードガイ』を特殊召喚!
 そして、セメタリーの『ディアボリックガイ』、エフェクト発動!このカードをゲームから除外し、同名カードを特殊召喚。
 3体のD-HERO(ディーヒーロー)を生け贄に、カモン、『ドグマガイ』!!
 さらに僕はカードを1枚伏せ、『幽獄の時計塔』を発動!
 ターンエンド!」

この時点でのエドの状況
LP:4000
手札:0
モンスター:『D-HERO ドグマガイ』
魔・罠:伏せ1、『幽獄の時計塔』


 先行1ターン目に『ドグマガイ』を出したいがためここまでやるエドはすごい。でも私は手札を使い切ってまでLPを半分にする効果を使いたいとは思わない。
 あと、このターン通常召喚すればいいのになぜ『ダイヤモンドガイ』を『D−スピリッツ』で出したのだろうか。
ラベル:遊戯王 GX
posted by キヨシ at 03:10| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。