2007年11月01日

ダークネス吹雪VS十代

※何気に今日でブログ開設1周年。

 久々にダークネス登場。






 簡単なあらすじ。ワカメこと藤原が吹雪に藤原のことについてたずねるが、思い出せない吹雪に襲いかかるが、I2社の任務を受けアカデミアに戻ってきたオブライエンに助けられる。

そして、ダークネスについての記憶を思い出すために、吹雪はダークネスの力を使い十代とデュエルをする。

 ダークネス吹雪VS十代のデュエル。

 十代のターン、『E・HERO クレイマン』を召喚する。

 吹雪のターン、『黒竜の雛』を召喚し、その効果で『真紅眼の黒竜』を召喚、そして『黒炎弾』を発動、さらに『真紅眼の闇竜』を召喚して『クレイマン』を戦闘破壊。

十代は『ヒーロー・シグナル』を発動し、『E・HERO バブルマン』を召喚し、その効果で2枚ドローする。

 十代のターン、『バブルマン』に装備魔法『グレード・ソード』を装備することで2体分の生け贄とし、その『バブルマン』を生け贄に『E・HERO ネオス』を召喚する。さらに『ネオス・フォース』を装備し、『ダークネス』に攻撃。『ネオス・フォース』の効果でさらにダメージ。

しかし、罠『レッドアイズ・スピリッツ』により、吹雪は『ダークネス』を復活させる。

 吹雪のターン、『ダークネス』で『ネオス』に攻撃して破壊する。

 十代のターン、『コンバート・コンタクト』で『N・フレア・スカラベ』と『N・エア・ハミングバード』を墓地に送って2枚ドロー。さらに『O−オーバーソウル』で『ネオス』を蘇生し、魔法『エレメンタル・ストーム』で『ネオス』が攻撃を行う代わりに『ダークネス』を破壊しようとするが、永続罠『魔法反射装甲・メタルプラス』により無効にされてしまう。

 吹雪のターン、『魔法反射装甲・メタルプラス』を装備した『ダークネス』を生け贄に、『レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン』を召喚する。『レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン』で『ネオス』に攻撃するが、『ヒーローズ・ガード』により『ネオス』を護り、ダメージを半減、そしてカードを1枚ドロー。さらに『コンタクト・ソウル』を発動するが、『ダークネスメタル』の効果で発動と効果を無効にされる。さらにコストでドラゴン族を捨てたことで『ダークネスメタル』の攻撃力が上がる。

しかし、十代は『ヒーローズルール1 ファイブ・フリーダムス』を発動し、吹雪の墓地から4体のドラゴン族を除外して『ダークネスメタル』
の攻撃力を下げる。『ネオスペース』と『H−ヒートハート』で『ネオス』の攻撃力を上げ、『ダークネスメタル』を攻撃することで止めを刺す。

 吹雪により、ワカメはダークネスに取り込まれ死んだらしいことが分かる。そしてダークネスの仮面はワカメからもらったものらしい。そこにワカメが現るが、十代によりカードの精オネストであることを見破られてしまう。


 ワカメに吹っ飛ばされ、十代にもデュエルで吹っ飛ばされて災難続きの吹雪であった。

吹雪ってダークネス化すると口調が変わるんだね。

なんか最近十代は『ネオス』しか活躍させてないよな。もっと融合ヒーローとかも出そうよ。


今日の最強カードは『レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン』

ダークネスメタル2.JPG

『レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン』(アニメオリジナル)
星10/闇属性
ATK2800/DEF2400
ドラゴン族・効果
「魔法反射装甲・メタルプラス」を装備した「真紅眼の闇竜」を生け贄に捧げた場合のみ特殊召喚する事ができる。このカードの攻撃力は、自分の墓地のドラゴン族モンスター1体につき400アップする。このカードを対象にする魔法の発動と効果を無効にして破壊する事ができる。手札を1枚捨てる事で魔法の発動と効果を無効にして破壊する事ができる。

 OCGとは違うから混同しないように。

 召喚条件がきつい。しかも魔法無効の効果も『ホルスの黒炎竜LV8』のほうが強いし。




ダークネス吹雪「蘇る…、ダークネスの力が!!
posted by キヨシ at 23:29| 宮崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

ヘル磯野再び

 ヘル磯野がやってきたのです。






 簡単なあらすじ。退学しようとする十代は影丸と斎王と再会。二人の話によると三幻魔、破滅の光、ユベルの事件で世界に何かが起ころうとしているらしい。そして会話中異次元からヘル磯野ことミスターTが現れる。

 十代VSミスターTのデュエル。

 十代のターン、『E・HERO スパークマン』を召喚。

 Tのターン、『ダーク・アーキタイプ』を召喚。

そして、速攻魔法『パワー・ギフト』を発動、手札の『灼熱ゾンビ』を墓地に捨て、その攻撃力分『スパークマン』の攻撃力を上げる。そして『アーキタイプ』で『スパークマン』に自殺特攻し、『アーキタイプ』の効果で『ツインへデッド・ビースト』を捨て『メテオ・ドラゴン』を特殊召喚。さらに『パワー・ギフト』の効果で『スパークマン』が破壊され、『メテオ・ドラゴン』でダイレクトアタック。

 十代のターン、『E・HERO マッドボールマン』を融合召喚し、『メテオ・ドラゴン』に攻撃するが、『ドレインシールド』で攻撃を無効にされる。そして、装備魔法『フュージョン・ショット』を『マッドボールマン』に装備、その効果で『E・HERO クレイマン』を除外し、ミスターTに800のダメージ。

 Tのターン、『メテオ・ドラゴン』と『沼地の魔神王』を融合し、『メテオ・ブラック・ドラゴン』を召喚。『メテオ・ブラック・ドラゴン』の攻撃で『マッドボールマン』を破壊。

 十代のターン、カードを1枚伏せるだけでモンスターを出さない。

 Tのターン、『メテオ・ブラック・ドラゴン』で攻撃するが、十代は『ヒーロー見参』により『E・HERO ネオス』を特殊召喚。そして、罠『魂の結束−ソウル・ユニオン』により、墓地の『マッドボールマン』の攻撃力分だけ『ネオス』の攻撃力をアップ。そして『ネオス』で『メテオ・ブラック・ドラゴン』を返り討ちにする。

 十代のターン、がら空きのTに止め。


 ヘル磯野は複数存在するようである。

 吹雪さんの夢によるとワカメがダークネスに関係しているらしい。

そして、十代に携帯電話を送った人物、すなわちオブライエンによりワカメが数年前に失踪したブルー寮の生徒の一人であることがわかる。

最終は十代VSダークネス吹雪。『レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン』も登場。

今日の最強カードは『メテオ・ブラック・ドラゴン』。



十代「またそいつか
posted by キヨシ at 23:32| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

4期開始

 新OPかっこええ。





遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-157
『忍びよる脅威!「謎の来訪者」』


4期になっていろいろと変化があったようである。

翔、サンダー、レイ…ブルー寮へ。しかしサンダーは黒コート、レイはレッドの制服を着用。

ヨハン、オブライエン、ジム…それぞれの学校へ帰還。

ナポレオン教頭、マルタン…別の土地で二人で暮らすためアカデミアを離れる。

十代…現在引きこもり中。

オシリスレッド…十代以外の生徒はいない。

デュエルディスク…寮ごとに色が違う新型に。


結局サンダーは黒なのか。ヨハンとオブはOPに出てきたから今後も出番を期待していいんだろう。ジムがカワイソス。


 十代の元に携帯電話が届き、送り主らしい十代の知り合いらしい人物に電話をかける。

 アカデミアでデュエルディスクに反応しないカードが出てくる事件が発生する。

 サンダー、明日香、翔、剣山、藤原優介がそのカードの回収と調査を行う。

いきなりワカメこと藤原優介登場。なんか3年間ずっといることになってる。しかし、特殊能力かなんかで情報操作もしくは記憶改竄みたいなことやったみたいだからなんか怪しい。しかも不良品のカードに取り付いてる黒いもやが見えてる。

 回収されたカードを藤原が特殊能力かなんかで燃やしたら、燃かすのカードからカードに取り付いてた黒いもやが藤原を追いかけて、追い詰められたところでそこにハネクリボーから知らせを受けた十代が登場。

黒いもやが謎の人物ミスターTになり、十代とデュエルする。

 ミスターTのターン、『ダーク・アーキタイプ』を召喚する。

 十代のターン、『E・HERO セイラーマン』を融合召喚、『融合解除』で『E・HERO フェザーマン』と『E・HERO バブルマン』を特殊召喚して、2体を生け贄に『E・HERO ネオス』を召喚。そして『ネオス』で『アーキタイプ』を攻撃するが、罠『ゼロ・ゲイザー』で『アーキタイプ』の攻撃力を0にしてカードを1枚ドロー。

そして『アーキタイプ』の効果で手札からLV3の『ファミリア・ナイト』とLV4『暗黒界の騎士 ズール』を墓地に送って、受けたダメージ分の攻撃力を持つ『暗黒界の魔神 レイン』を特殊召喚。

 ミスターTのターン、『レイン』に『デーモンの斧』を装備して『ネオス』を攻撃。しかし、罠『ヒーロー・シールド』装備、『ヒーロー・シールド』を墓地に送って『ネオス』の破壊を回避し、受けたダメージ1000につき1枚のカードをドロー。

 十代のターン、『ネオスペース』と『ネオス・フォース』によって『ネオス』のATKを3800にして『レイン』に攻撃、戦闘ダメージと『ネオス・フォース』の効果ダメージでミスターTのライフは0。


デュエル後、藤原は十代に情報操作もしくは記憶改竄みたいなことをしようとしたが、ユベルの目になった十代には効かなかった。


 今回はストーリー重視でデュエルは前哨戦みたいな感じか。また暗めの話になりそうな予感。来週は十代が自主退学するらしい。

今日の最強カードは『ダーク・アーキタイプ』。

ダーク・アーキタイプ2.JPG

『ダーク・アーキタイプ』
星4/闇属性
ATK1400/DEF 400
魔法使い族・効果
このカードが戦闘で破壊され墓地に送られた場合、効果を発動することができる。このとき受けたプレイヤーの戦闘ダメージと同じ攻撃力を持つモンスター1体をデッキから選択し、選択したモンスターのレベルと合計が同じになるように手札のモンスターを墓地に送る。選択したモンスター1体を特殊召喚する。



十代「見たか、これがネオスの力だ!
posted by キヨシ at 23:52| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

総集片

 今週は総集編。といっても十代のデュエルばかりだけど。





遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-156
『十代復活!?新たなる旅立ち』

 異世界から帰還したサンダー達が十代とのデュエルを回想する。

VS明日香(1回目)
VS剣山
VS万丈目(2回目)
VS万丈目サンダー(3回目)
VS万丈目(1回目)

ここでVS万丈目(1回目)のとき、いま見るとサンダーが勝つ可能性もあるように見えるが、その当時は『E・HERO フレイム・ウィングマン』がOCG化してなく、「融合召喚でしか特殊召喚できない」という効果が無かったから十代の勝ちでいいんだよね。

ここから翔の鬱な回想。ユベルとの最終決戦時の翔とサンダーの会話に、放送時には都合によりカットされてしまった?シーンが追加されてるようだ。

そして、最後にイメチェンした十代が隕石のように空から降ってくる。

最後の最後に帰還するのかよぉ。

エビフライの最後の1尾だけ尻尾を残すサンダー。

最初の頃と今を比べると、最初の頃の作画がいかに酷いかがわかるね。


今日の最強カードは『ユベル』

ユベル2.JPG

『ユベル』(アニメオリジナル)
星10/闇属性
ATK 0/DEF 0
悪魔族・効果
このカードは戦闘では破壊されない。戦闘によって発生したプレイヤーへのダメージを0にして、その数値分のダメージを相手プレイヤーに与える。このカードはエンドフェイズ時に、自分フィールド上のモンスター1体を生け贄にしなければ破壊される。このカードが上記効果以外で破壊されたとき、デッキ、手札、墓地から「ユベル−Das Abscheulich Ritter」1体を特殊召喚する事ができる。


OCGよりも強いね。




十代「今日はエビフライの日だったっけ
posted by キヨシ at 23:20| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

超☆展☆開デュエルモンスターズGX

 ついに決着か、十代VSユベル





遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-155
『レインボー・ネオスvsユベル究極態』

十代 LP200
場:
モンスター
『レインボー・ネオス』

ユベル LP2900
場:
モンスター
『ユベル−Das Abscheulich Ritter』
魔法
『マジック・クロニクル』


 十代のターン、『レインボー・ネオス』を融合召喚した十代は『虹ネオス』の効果を発動し、自分のデッキから一枚墓地に送って相手の墓地のカードを全てデッキに戻すことで『サクリファイス・ロータス』の復活を阻止する。さらにデッキからカードを1枚墓地に送ることで、魔法『アームズ・ホール』を発動し、デッキから装備魔法を手札に加え、その装備魔法『レインボー・ヴェール』を『虹ネオス』に装備。

そして『レインボー・ヴェール』により戦闘するモンスターの効果を無効にすることを利用し、『虹ネオス』で『ユベル−Das Abscheulich Ritter』に攻撃するが、永続罠『デモン・ローズ』によりダメージを0にされてしまう。

 ユベルのターン、魔法力が2つ溜まった『マジック・クロニクル』の効果で、十代の選んだ『サイクロン』を手札に加え、それを発動して『レインボー・ヴェール』を破壊。

そして『ユベル−Das Abscheulich Ritter』で『虹ネオス』に攻撃するが、『アームズ・ホール』のコストで墓地に送られた『ネクロ・ガードナー』の効果で攻撃を無効にする。

 十代のターン、『ホープ・オブ・フィフス』の効果で『E・HERO ネオス』を含む5枚の「E・HERO」のカードをデッキに戻して2枚ドロー。そして『E・HERO クレイマン』を召喚し、それをコストに『虹ネオス』の効果を発動し、『ユベル−Das Abscheulich Ritter』を手札に戻す。しかし、『ユベル−Das Abscheulich Ritter』が場から離れたことで、究極形態『ユベル−Das Extreme Traurig Drachen』が現れる。


究極態きめぇ…


 ユベルのターン、『ユベル−Das Extreme Traurig Drachen』で『虹ネオス』を攻撃するが、十代はカウンター罠『アルケミー・サイクル』により『虹ネオス』の攻撃力を0にして戦闘破壊されなくして『ユベル−Das Extreme Traurig Drachen』の効果を回避。しかし、『アルケミー・サイクル』の効果で戦闘後『虹ネオス』を除外、そしてカードを1枚ドローする。

 十代のターン、『虹ネオス』の効果のコストで墓地に送られた『E・HERO ネクロダークマン』の効果で『ネオス』を召喚。

 ユベルのターン、『ユベル−Das Extreme Traurig Drachen』で『ネオス』に攻撃するが、速攻魔法『蜃気楼の筒(ミラージュシリンダー)』で攻撃を無効にし、攻撃対象となった『ネオス』の攻撃力分のダメージをユベルに与える。


 そしてここで十代とユベルの関係が明らかに。ユベルは覇王の力を持って生まれた前世の十代を守るために、自らモンスターとなった。そしてモンスター化したユベルだけを愛することを十代の前世は誓った。

なんという展開…。いきなり十代の前世の話とかどんだけ話とぶんだよ。

そして十代の呪文ガッチャによりフィールドが虹に包まれる。


ここから超展開始まるよ!

やっとデュエルに戻り、ユベルは『蜃気楼の筒』により魔法力が2つ溜まった『マジック・クロニクル』の効果を発動し、『トーチ・ゴーレム』と『超融合』の2枚から十代は『超融合』を選択する。そしてユベルは罠『チェーン・マテリアル』により手札、デッキ、場、墓地からレベル1〜12のモンスターを1体ずつ除外し、融合素材にして『超融合』を発動して「十二次元宇宙を統一せし超融合神」なるモンスターを融合召喚師し、十二次元宇宙を消滅させようとする。

しかし…

「超融合するのは12の世界じゃない。お前と俺の魂だ!」

『チェーン・マテリアル』に対し、罠『スピリチュアル・フュージョン』を発動し、融合対象を『ユベル−Das Extreme Traurig Drachen』
と『ネオス』に変更して、十代とユベルの魂が融合して1つになる。そして、破滅の光と戦うため、飛び去ってしまう。

デュエルの決着もつかず…。

そして、異世界に行っていた人たちがアカデミアに帰ってくる。

けど次回予告で分かるけど、十代、三沢、ヘルカイザー、アモンが戻ってきてないらしいね。


そして今日の最強カードは『レインボー・ネオス』。

レインボー・ネオス2.JPG

『レインボー・ネオス』(アニメオリジナル)
星10/光属性
ATK4500/DEF3000
戦士族・融合/効果
「E・HERO ネオス」+「究極宝玉神」と名のつくモンスター1体
このモンスターの融合召喚は、上記のカードでしか行えず、融合召喚でしか特殊召喚できない。1ターンに1度、以下から選択した種類のカードを墓地に送り、それによって決められた対象を全てデッキに戻しシャッフルさせる事ができる。●自分フィールド上のモンスター1体:相手フィールド上のモンスター。●自分フィールド上の魔法・罠カード1枚:相手フィールド上の魔法・罠カード。●自分のデッキの一番上のカード1枚:相手の墓地のカード。

E・HEROじゃないんだ…。



ヘルガッチャ「お前が何度攻撃してこようが、俺が勝つ!
posted by キヨシ at 23:04| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

復活のヘルガッチャ

 ついに十代は覇王の心を復活させる。



遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-154
『蘇る覇王十代!』

十代
LP1000
場:
モンスター
『E・HERO フェザーマン』
『E・HERO バーストレディ』
『E・HERO スパークマン』

魔法・罠
『スパークガン』

ユベル
LP3900
場:
モンスター
『ユベル』

魔法・罠
『マジック・クロニクル』
『ゼロ・スプライト』


 十代のターン、魔法『ネオスペーシア・ウェーブ』を発動し、3体のE・HEROをデッキに戻して『N・グロー・モス』『N・エア・ハミングバード』『N・アクア・ドルフィン』を特殊召喚する。しかし、『マジック・クロニクル』の魔法力が2つ溜まってしまう。そして『NEX』を発動し、『グロー・モス』を『N・ティンクル・モス』に進化させる。

『グロー・モス』は進化すると女になるんですねぇー。

さらに、『ハミングバード』の効果でLPを1500回復する。そして、『ティンクル・モス』の効果で、十代は魔法カードをドローしたことで『ティンクル・モス』でユベルにダイレクトアタックする。さらに、今引いた『スペーシア・ギフト』を発動しネオスペーシアンの数、すなわち3枚ドローする。

 ユベルのターン、『マジック・クロニクル』の効果で、十代が選択した『デモン・ローズ』を手札に加える。そして『ユベル』で『キモイルカ』と戦闘を行い十代にダメージを与え、さらに『ゼロ・スプライト』の効果によりもう一度『キモイルカ』と戦闘して十代にダメージを与える。

そして、エンドフェイズ時に復活した『サクリファイス・ロータス』を『ユベル』の維持コストとして生け贄にする。

 十代のターン、『ハミングバード』の効果でLPを1500回復する。『カードエクスクルーダー』を召喚し、モンスター効果で『サクリファイス・ロータス』を除外しようとするが、罠『ゼロ・ホール』により効果発動を封じられ破壊されてしまう。

十代があんなようじょを使うとは…

カードエクスクルーダー.JPG

しかし、『エクスクルーダー』が破壊されたことで罠『N・シグナル』を発動し、『N・グラン・モール』を召喚する。

今までしゃべらなかった『モグラ』がしゃべったー!

『モグラ』の攻撃で『ユベル』を手札に戻そうとするが、罠『ヘイト・バスター』により、『ユベル』と『モグラ』は破壊され、十代は『モグラ』の攻撃力分のダメージを受ける。しかし、破壊されたことで『ユベル』は『ユベル−Das Abscheulich Ritter』に進化する。

そして、『ティンクル・モス』で攻撃するが、モンスター『E・HERO プリズマー』を引いたことでバトルフェイズが終了する。

 ユベルのターン、『Abscheulich Ritter』で『キモイルカ』と戦闘し、十代にダメージ。そしてエンドフェイズ時に『サクリファイス・ロータス』が復活し、さらに『Abscheulich Ritter』の効果で『サクリファイス・ロータス』を破壊し、『蚊トンボ』を破壊。

ユベルには『ハミングバード』が蚊トンボに思えたらしいね。

 十代のターン、『キモイルカ』に促されて『キモイルカ』を生け贄に『E・HERO プリズマー』を召喚。そして『ティンクル・モス』攻撃時、効果で魔法カード『フェイク・ヒーロー』をドローしたことでダイレクトアタック。

 ユベルのターン、『Abscheulich Ritter』で『プリズマー』と戦闘し、十代にダメージ。そしてエンドフェイズ時に復活した『サクリファイス・ロータス』を破壊して『ティンクル・モス』を破壊。

 十代のターン、『フェイク・ヒーロー』により『E・HERO ネオス』を特殊召喚し、『プリズマー』の効果で『究極宝玉神 レインボー・ドラゴン』をデッキから墓地に送って『プリズマー』が『レインボー・ドラゴン』と同名カードとして扱われる。そして、『ネオス』と『レインボー・ドラゴン』を融合し、『E・HERO レインボー・ネオス』を融合召喚する。


 今回も『レインボー・ネオス』活躍なしか。

『レインボー・ネオス』を融合するときに『ネオス』を『フェイク・ヒーロー』で出したけど、手札融合できたんじゃない?ユベルの言うとおり『マジック・クロニクル』に魔法力を溜めるために『フェイク・ヒーロー』を使ったようなものだな。

 ついに来週決着か。

今日の最強カードは『E・HERO プリズマー』

プリズマー2.JPG

『E・HERO プリズマー』
星5/光属性
ATK1700/DEF1100
戦士族・効果
デッキから融合素材モンスター1体を選択し墓地へ送る。(この後デッキをシャッフルする)このターン、このカードをそのカードと同名カードとして扱う。(この効果は1ターンに1度のみ使用する事ができる)



ユベル「みんな、みんな消えちゃえ!
posted by キヨシ at 23:51| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

最終決戦!十代VSユベル

 ついに十代とユベルの最終決戦が始まる…




遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-153
『選ばれしカード対決!エレメンタル・ヒーローvsユベル』

 ユベルとのデュエル前、ヨハンからデッキを託される十代。

まさかデッキに宝玉獣を混ぜるのか。

 そしてユベルのところに行くために、浮遊呪文ガッチャを唱え浮く十代。なんか翔も十代の後を追う。


 そして十代とユベルのデュエル。

 ユベルのターン、『サクリファイス・ロータス』を召喚する。そして永続魔法『マジック・クロニクル』の効果でデッキから5枚のカードを選んで除外する。

 十代のターン、『融合』により『E・HERO フレイム・ウィングマン』を召喚する。魔法の発動により、『マジック・クロニクル』にカウンターが乗る。そして『フレイム・ウィングマン』で『サクリファイス・ロータス』を攻撃する。しかし、罠『デモンバルサム・シード』により、戦闘ダメージを2000軽減され、『デモンバルサムトークン』が2体特殊召喚される。

 ユベルのターン、『デモンバルサムトークン』2体を生け贄に、『スプリット・デモンローズ』を召喚。そして『スプリット・デモンローズ』は効果で戦闘する攻撃表示モンスターと同じ攻撃力になり、さらにトークンを2体場に残すため、十代は『フレイム・ウィングマン』を『融合解除』して『E・HERO フェザーマン』と『E・HERO バーストレディ』を守備で特殊召喚してしのぐ。

しかし、『融合解除』の発動により、『マジック・クロニクル』にカウンターのカウンターが2つになる。そして、2つのカウンターが乗ったため、除外したカードから1枚を相手が選んで手札に加える。ここで十代は『ゼロ・スプライト』を選択する。

 十代のターン、『E・HERO スパークマン』を召喚し、さらに『スパークガン』を装備。『スパークガン』の効果で『スプリット・デモンローズ』を守備表示にし、『スパークマン』で戦闘破壊する。しかし、『スプリット・デモンローズ』の効果で場に『デモンローズ・トークン』を2体残す。

 ユベルのターン、『デモンローズ・トークン』2体を生け贄に、ついに『ユベル』が召喚される。そして、『ユベル』が『スパークマン』に攻撃し、ダメージを十代が受ける。さらにエンドフェイズ時に墓地の『サクリファイス・ロータス』が特殊召喚され、それを生け贄に『ユベル』を維持する。

 十代のターン、『スパークマン』を守備にし、カードを1枚伏せる。

 ユベルのターン、『ユベル』の攻撃に対し『ヒーロー・バリア』を発動するが、ユベルの罠『ゼロ・スプライト』により『ユベル』は2回攻撃が可能になる。そして2回目の攻撃で『スパークマン』を攻撃し、十代がダメージを受ける。そしてエンドフェイズ時に維持コストとして、復活した『サクリファイス・ロータス』を生け贄にする。

 そして、翔が到着し、万丈目サンダーから聞いたことを十代に伝える。

サンダーによると、12の次元のうちのどこかに封印され、ユベルに力を奪われ続けているらしい。

 翔の言葉により、十代は一度消えた覇王の心を蘇らせる。



覇王復活キタ―――――――――――――――――――――――!!


今日の最強カードは『サクリファイス・ロータス』

サクリファイス・ロータス2.JPG

『サクリファイス・ロータス』(アニメオリジナル)
星1/闇属性
ATK 0/DEF 0
植物族・効果
このカードが自分のエンドフェイズ時に墓地にあるとき、自分の場に攻撃表示で特殊召喚することができる。このカードが自分のスタンバイフェイズ時に自分の場に存在するとき、このカードのコントローラーに1000ポイントのダメージを与える。



クロノス「ガッペルゲ

あ、そうそう、明日の大会は行けないのであしからず。
posted by キヨシ at 22:36| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

レインボー・ネオス…

 ついに決着の十代VSヨハン



遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-152
『超融合発動!レインボー・ネオス』

十代
LP300
場:伏せカード1枚

ヨハン
LP1500
場:
モンスター
A宝玉獣 サファイア・ペガサス
A宝玉獣 トパーズ・タイガー
究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン

魔法・罠
A宝玉獣 アンバー・マンモス
A宝玉獣 アメジスト・キャット


 ヨハンのターン、『A宝玉獣 サファイア・ペガサス』と『A宝玉獣 トパーズ・タイガー』で攻撃をするが、十代は伏せ罠『ネオスペーシア・ロード』でバトルフェイズを強制終了させる。そしてその効果でカードを1枚ドロー。

 十代のターン、『コンバート・コンタクト』により、手札から『N・グラン・モール』、デッキから『N・フレア・スカラベ』を墓地に送り、デッキからカードを2枚ドロー。さらに『E・HERO バブルマン』を召喚して2枚ドロー。

 ヨハンのターン、『Aサファイア』で『バブルマン』を攻撃。そして『究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン』で攻撃するが、『クリボーを呼ぶ笛』で『ハネクリボー』を特殊召喚してしのぐ。

このとき、ハネクリボーの力により宝玉獣が十代に話しかけてくる。でもこのとき宝玉獣がみんないるのにしゃべってるのはペガサスとアメジスト・キャット、ルビー(鳴いてるだけだけど)。ほか4体は空気。そこで『レインボー・ダーク』を『レインボー・ドラゴン』に戻せればヨハンを助けられると教えられる。

しかし、宝玉獣と会話してることを知り、ダメージを受けないにもかかわらず『Aトパーズ』で十代を攻撃し、『Aトパーズ』を痛めつけるSなヨハン(ユベル)。

 十代のターン、『コクーン・パーティ』で『C・ドルフィーナ』『C・チッキー』を特殊召喚し、『コンタクト』により『N・アクア・ドルフィン』『N・エア・ハミング・バード』に成長させ、『エア・ハミング・バード』の効果でLPを回復しする。さらに『O−オーバーソウル』を発動して『E・HERO ネオス』を特殊召喚し、『ネオス』と『ハミング・バード』『キモイルカ』によるトリプルコンタクト融合で『E・HERO ストーム・ネオス』を特殊召喚する。

そして『ストーム・ネオス』の効果でフィールド上の魔法・罠を全て破壊。『アドバンスド・ダーク』が破壊されたため、フィールド上の「A宝玉獣」が全て墓地に送られる。さらに、『インスタント・ネオスペース』を『ストーム・ネオス』に装備させ、『ストーム・ネオス』を場にとどめる。

 ヨハンのターン、『レインボー・ダーク』の攻撃で『ストーム・ネオス』は破壊されてしまう。しかし、十代は『インスタント・ネオスペース』の効果により、『ネオス』を特殊召喚する。

 『ストーム・ネオス』はあっさり倒された。『ストーム・ネオス』が倒されることくらい解ってるんだから守備で特殊召喚しろよ。

 十代のターン、『ホープ・オブ・フィフス』により2枚ドロー。ついに十代は『超融合』を発動。そのときなぜか『レインボー・ダーク』は『レインボー・ドラゴン』に戻り、取り付いていたユベルが離れてヨハンが元に戻る。そして『E・HERO レインボー・ネオス』が特殊召喚される。

 しかし、ユベルは罠『ラスト・トリック』により『超融合』を自分の手札に加え、さらに罠『バスター・サウザンド』により、『レインボー・ネオス』が破壊され、お互い1000のダメージで引き分け。そして手札に加えた『超融合』を自分のものにする。

 ユベルがカード盗んだー!

 『レインボー・ネオス』の活躍あれだけ?『バスター・サウザンド』の効果が守備力が1000以下のモンスターを全て破壊してお互い1000ダメージだから、『レインボー・ネオス』の守備力は1000以下ってことになるよな。

 そしてユベルとの最終決戦へ。


 今日の最強カードは『ストーム・ネオス』

ストーム・ネオス2.JPG

『E・HERO ストーム・ネオス』(アニメオリジナル)
星9/風属性
ATK3000/DEF2500
戦士族・融合/効果
「N・エア・ハミング・バード」+「N・アクア・ドルフィン」+「E・HERO ネオス」
自分のフィールド上に存在する上記のカードをデッキに戻した場合のみ、融合デッキから特殊召喚が可能(「融合」魔法カードは必要としない)。フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する事ができる。この効果は1ターンに1度のみ使う事ができる。エンドフェイズ時にこのカードは融合デッキに戻る。この時、フィールド上に存在する全てのカードをデッキに戻しシャッフルする。



十代「デッキの壁を越えた究極最大の進化を遂げる!
posted by キヨシ at 13:58| 宮崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

十代VSラブヨハン

 昨日のGX。十代はヨハンを救うべくヨハン(ユベル)とデュエル。



遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-151
『ネオスvsアドバンスド宝玉獣』

 デュエル前に十代がどうすればヨハンを救えるか迷っているときに久々にキモイルカ登場。他にも十代のモンスターが出でたがしゃべったのがキモイルカとネオスだけ。他にもしゃべらせろよ。

 そして十代とヨハンのデュエルが始まる。


 ヨハンのターン、ヨハンはいきなりフィールド魔法『アドバンスド・ダーク』を発動する。そして『A(アドバンスド)宝玉獣 コバルト・イーグル』を召喚する。

 十代のターン、ついに十代は『融合』を発動し、トラウマを克服して『E・HERO フレイム・ウィングマン』を召喚する。

そしてネオスの助言の元、『フレイム・ウィングマン』の攻撃と同時に十代はヨハンの心にリアルダイレクトアタック!しかしヨハンの心にはヨハンの姿は無く、十代のリアルダイレクトアタックは失敗に終わった。しかも『フレイム・ウィングマン』の攻撃も『アドバンスド・ダーク』により、『A宝玉獣 エメラルド・タートル』を墓地に送ってダメージ0、効果ダメージも『Aコバルト』が墓地に行かないことで0という悲しい結果に終わった。

 『フレイム・ウィングマン』しゃべったー!そしてネオスのあの発言は推測でしかなかったのか。

 そして十代はヨハンの魂が「あのカード」に封印されていると感づく。

 ヨハンのターン、『A宝玉獣 サファイア・ペガサス』を召喚、その効果で『A宝玉獣 ルビー・カーバンクル』を魔法・罠ゾーンに置き、さらに『Aルビー』の効果で『Aルビー』と『Aコバルト』が特殊召喚される。さらに、装備魔法『宝玉の解放』を『Aサファイア』に装備し、ATK2600に。

 相変わらず『ルビー』の効果はアニメのままですか。

そして、『Aサファイア』で『フレイム・ウィングマン』を破壊され、2体の直接攻撃を受ける十代。

 なんかまだ翔には「疑」の玉が残ってたらしい。

 十代のターン、『N・グラン・モール』を召喚し、罠『コモン・サクリファイス』の効果で『Aルビー』と『Aコバルト』を墓地に送り、『E・HERO ネオス』を特殊召喚。

『N・グラン・モール』の効果で『Aサファイア』を手札に戻す。『宝玉の解放』が墓地に送られたことで、ヨハンは『A宝玉獣 アンバー・マンモス』を魔法・罠ゾーンに置く。

そしてネオスが、十代にヨハンを傷つけてでも真の痛みから解き放てと言い、その言葉に従った十代が『ネオス』でダイレクトアタックを決める。

 ブロンのときといい外道だな、ネオス。

 ヨハンのたーん、再び『Aサファイア』を召喚し、魔法・罠ゾーンに『A宝玉獣 アメジスト・キャット』を置き、さらに『宝玉の導き』により『A宝玉獣 トパーズ・タイガー』を特殊召喚。これにより場と墓地に7種類のA宝玉獣がそろい、ついに十代の思惑通り『究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン』が召喚される。

そして『レインボー・ダーク』の攻撃で『ネオス』は破壊されてしまう。これで十代のLPは3桁に。

 そして、ヨハンが『レインボー・ダーク』に封じ込められていることを知る。


 次回タイトルがかなりネタバレ。『超融合発動!レインボー・ネオス』。『レインボー・ダーク』と『ネオス』が『超融合』で融合するらしい。そして『E・HERO ストーム・ネオス』らしきモンスターも出てたが、やられてたので噛ませ決定。


 今日の最強カードは『究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン』

レインボー・ダーク2.JPG

『究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン』(アニメオリジナル)

星10/光属性
ATK4000/DEF 0
ドラゴン族・効果
このカードは通常召喚できない。自分のフィールド上及び墓地に「A宝玉獣」となのついたカードが合計7種類存在する場合のみ特殊召喚する事ができる。合計7種類存在しない場合、フィールド上に存在するこのカードをゲームから除外する。このカードは特殊召喚されたターンには以下の効果を発動できない。●自分フィールド上の「宝玉獣」と名のついたカードを全て墓地に送る。墓地へ送ったカード1枚につき、このカードの攻撃力は1000ポイントアップする。この効果は相手ターンでも発動する事ができる。●このカードが破壊された時、自分の魔法・罠ゾーンに存在する「宝玉獣」と名のついたカード1枚を墓地に送ることでその破壊を無効にする事ができる。

 多少『究極宝玉神 レインボー・ドラゴン』よりも強化された感じがある。第1の効果もモンスターでも宝玉化してても墓地に送れるし、第2効果の破壊耐性もある。ただ、『レインボー・ドラゴン』と一緒で特殊召喚されたターンにはどちらも発動できない。さらに『レインボー・ドラゴン』にない弱点として、7種類の宝玉が1種類でもなくなったら除外されること。OCGではどうなるかな。



ヨハン「丁度今、ヴィンテージ物の心の闇をご馳走になってね。
posted by キヨシ at 15:23| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

王様アモンVSユベル

 今週分やっと見れた。いよいよ3期もクライマックスに近くなって来た。



遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-150
『“ユベル”召喚』

 驚愕の『混沌幻魔アーミタイル』の効果で『究極封印神エクゾディオス』を除外されてしまったアモン。さあどうなる。

アモン
LP2100
場:無し

ヨハン(ユベル)
LP3000
場:『混沌幻魔アーミタイル』

 アモンのターン、フィールド魔法『霧の王城』を発動し、『霧の王』を召喚。さらに装備魔法『王家の剣』を『霧の王』に装備させる。

『霧の王』で『アーミタイル』に攻撃。『霧の王』の効果で『霧の王』と『アーミタイル』のATKは1に。そして『霧の王』は『霧の王城』の効果で他のモンスターゾーンに移し、もともといたモンスターゾーンを使用不能にすることで破壊を免れる。さらに『アーミタイル』は『霧の王』の効果で、『霧の王』以外のフィールド上のモンスターの効果が無効になり、戦闘破壊される。そして戦闘を行ったことで『王家の剣』に紋章カウンターがのり、『霧の王』のATKは800に。

 うわー、速攻で消えたよ『アーミタイル』…。

 ヨハンのターン、『幻銃士』を召喚。『幻銃士』で『霧の王』に攻撃するが、『霧の王城』の効果で破壊を免れる。しかしアモンはダメージを受ける。さらに戦闘を行ったことで『王家の剣』に紋章カウンターがのり、『霧の王』のATKは1600に。

そして、アモンは紋章カウンターが4つ乗った『王家の剣』と『霧の王』を墓地に送ることで、相手に4000のダメージを与えることをネタバレしてしまう。

なんで言うんだよアモン…。

 そしてヨハンはアモンに精神攻撃を仕掛ける。

 アモンのターン、『霧の王』で『幻銃士』を攻撃し、さらに『王家の剣』に紋章が乗りATK2400に。そして3枚もカードを伏せるアモン。

 ヨハンのターン、魔法『アカシックレコード』を発動。2枚引き、ドローしたカードがこれまでに使用したカードではなかったため手札に加える。さらに永続魔法『ナイトメア・シャッフル』を発動。墓地からランダムにカードを1枚選び、『ナイトメア・シャッフル』の隣にセットする。

そして『グレイブ・スクワーマー』を召喚し、『霧の王』に攻撃。『グレイブ・スクワーマー』のATKは0のため、返り討ちにされ破壊されるが、戦闘で破壊され墓地に送られたことで『王家の剣』を破壊する。

アモンは『クレスト・バーン』を発動し、紋章カウンターの数だけ『霧の王城』によってモンスターゾーンを使用不能にする。モンスターゾーンを使用不能にする際『霧の王』は墓地に送られる。

 アモンのターン、全てのモンスターゾーンが使用不能になった『霧の王城』と手札全てを墓地に送ることで、墓地から4枚のカードを手札に加える。加えるカードはもちろんエクゾディアパーツ4枚。さらに『ブレイク・ザ・シール』を発動し、もう1枚の伏せてある『ブレイク・ザ・シール』を墓地に送ることで最後のエクゾディアパーツを手札に加えようとする。

しかしヨハンも『ナイトメア・シャッフル』を墓地に送り、『ナイトメア・シャッフル』によりセットされた『手札断殺』を発動。その効果でアモンは手札のエクゾディアパーツを全て墓地に送り、4枚ドロー。ヨハンは手札0により1枚ドロー。

そして『ブレイク・ザ・シール』の効果でデッキのエクゾディアパーツ1枚を手札に加え、さらに『鳳凰神の羽根』で『封印されしエクゾディア』をデッキの1番上に戻し、『補充要因』をセット。

 最後までエクゾディアにこだわるアモン。でもよく考えてみると、『鳳凰神の羽根』を発動した際にも手札にはエクゾパーツ1枚しかモンスターなかったから墓地にはエクゾパーツ3枚と『霧の王』しかないので発動できないはずでは…

 ヨハンのターン、『トーチトークン』2体を自分フィールド上に特殊召喚し、『トーチ・ゴーレム』をアモンの場に特殊召喚。そして『トーチトークン』2体を生け贄に、ついに自分自身『ユベル』が召喚される。

アモンの場の伏せカードから闇が出てきて『トーチ・ゴーレム』を覆い、エコーの心の闇が姿を現す。そしてエコーの攻撃にあわせて『トーチ・ゴーレム』がユベルを攻撃する。そして、『ユベル』の効果により戦闘ダメージはアモンが受け、アモンのLPは0よ!

でもこのシーンはエコーが攻撃したように見えるだけで実際は『ユベル』(ATK0)が『トーチ・ゴーレム』(ATK3000)に攻撃してその戦闘ダメージをアモンが受けると解釈すればいいんじゃないですかね。

 ということでアモンは消滅。まあ、アモンが勝ったんじゃ十代VSユベルが実現しないからね。


 来週はついに十代VSヨハン。予告で翔が「融合が使えない十代に勝ち目は無いとか言ってるけど『E・HERO フレイム・ウィングマン』が出てるよ。そして十代のリアルアタックが!

 今日の最強カードは『霧の王』

霧の王.JPG

『霧の王』(アニメオリジナル)
星7/水属性
ATK 0/DEF 0
魔法使い族・効果
フィールド魔法「霧の王城」が存在する場合、このカードは生け贄なしで召喚する事ができる。このカードが攻撃表示の場合、このカード以外の効果モンスターの効果は無効となる。このカードが攻撃する時、このカードの攻撃力を1にすることで戦闘する相手モンスターの攻撃力を1にする事ができる。

今回もアニメ効果なのでOCGと混同しないように。



ヨハン「死者は別だ。死人に口ありさ。
posted by キヨシ at 23:55| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

三幻魔VSエクゾディア

 昨日放送のGX。ヨハン(ユベル)VSアモン



遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-149
『魔神対決!幻魔vsエクゾディア』

 ヘルカイザーが消滅したあと、三沢とタニヤは残り、十代、翔、クロノスはユベルの元へ行くことになった。さよなら三沢…

 一方、ヘルカイザーとのデュエルで力を使ったヨハンは、なぜかハイテクなユベル城へ帰還。こんなハイテクな城どうやって作った?城というよりもバブイルの塔にしか見えないが。

そして城の玉座にアモンがいて、なぜかリアルファイト開始。それからやっとデュエルに。

 ヨハンのターン、永続魔法『トライアングル・フォース』を発動し、その効果でデッキから2枚の『トライアングル・フォース』が発動される。そして、いきなり『降雷皇ハモン』が特殊召喚される。

このときのアモンの手札には『封印されしエクゾディア』以外のエクゾディアパーツと『究極封印解放儀式術』が。とんでもないチートです。

しかし、ヨハンもアモンのチートを見抜き、速攻魔法『手札断殺』により、アモンは4枚手札を捨て、デッキから4枚ドローし、ヨハンは3枚手札を捨て、デッキから3枚ドロー。

 アモンのターン、墓地の『究極封印解放儀式術』により、墓地のエクゾディアパーツがデッキをデッキに戻し、手札から『封印されしエクゾディア』とエクゾディアパーツ1枚を墓地に送り、『究極封印神エクゾディオス』を特殊召喚。

『封印されしエクゾディア』を引いてるなんてまたチートかよ。

そして、永続魔法『強者の苦痛』により、『ハモン』はLV×100つまり1000だけATKが下がる。そして、『エクゾディオス』の攻撃宣言でエクゾディアパーツを1枚墓地に送り、『エクゾディオス』のATKは3000に。『エクゾディオス』が戦闘では破壊されないことを利用し、『ハモン』を倒そうとするが、永続罠『デルタ・バリア』により、墓地の『デルタ・バリア』2枚が発動され、その効果により『ハモン』への戦闘ダメージは0。

 ヨハンのターン、3枚の『デルタ・バリア』を墓地に送り、2体目の幻魔『神炎皇ウリア』が特殊召喚される。『ウリア』のATKはアモンの『強者の苦痛』により2000になるが、装備魔法『エターナル・リバース』を『ウリア』に装備し、『エターナル・リバース』の効果で『強者の苦痛』をセット状態にして『ウリア』の効果で破壊する。

そして『ハモン』で『エクゾディオス』を攻撃。『エクゾディオス』は破壊されないが、アモンはダメージを受ける。

 アモンのターン、『エクゾディオス』の攻撃宣言で4枚目のエクゾパーツが墓地に送られATKは4000に。そして『ウリア』を攻撃するが、『エターナル・リバース』を墓地に送ることで『ウリア』の破壊を回避。

 ヨハンのターン、魔法『デュアル・ゲート』を発動し、このカードと墓地から『デュアル・ゲート』1枚を除外して2枚ドロー。そして『幻銃士』を召喚。『幻銃士』の効果で2体の『銃士トークン』を特殊召喚し、さらに『幻銃士』の効果で「銃士」と名のつくモンスターの数×300のダメージをアモンに与える。そして、『幻銃士』と『銃士トークン』×2を生け贄に、ついに『幻魔皇ラビエル』が現れる。

さらに、魔法『次元融合殺』により三幻魔を除外し、『混沌幻魔アーミタイル』が特殊召喚される。そして、『アーミタイル』の効果により、『アーミタイル』がアモンのフィールドに移動する。そして、エンドフェイズに『アーミタイル』以外のコントローラーのフィールド上のモンスターを除外する効果により、『エクゾディオス』は除外されてしまう。そして『アーミタイル』はヨハンの場に戻る。

OCGの『アーミタイル』にこんな効果ねーぞ!!召喚条件厳しいんだからこの効果もつけてくれればよかったのに。

 ヨハンが『ラビエル』召喚したときに、効果で『ハモン』生け贄にして『エクゾディオス』殴れば勝ちだった。でもそんなことしてもデュエルとしてはつまらないけどね。

 そして来週はついに『ユベル』が召喚される。いわゆる「俺召喚!」てやつ。そして『霧の王(キングミスト)』の登場。アモンが使ってるようだった。

 そしてプレゼントクイズの2つ目のキーワードは「ベ」。























とみせかけて違うとか。

 そして今日の最強カードは『幻銃士』。

幻銃士.JPG

『幻銃士』(アニメオリジナルカード)
星4/闇属性
ATK1100/DEF 800
悪魔族・効果
このカードの通常召喚・反転召喚に成功した時、このカードを除く自分フィールド上に存在するモンスターの数だけ、「銃士トークン」(悪魔族・闇・星4・攻/守500)を特殊召喚する。このカードは、自分フィールド上の「銃士」と名のつく悪魔族モンスター1体につき相手プレイヤーに300ポイントのダメージを与えることができる。この効果を発動する場合、このターンこのカード及び、「銃士トークン」は攻撃する事ができない。
posted by キヨシ at 21:43| 宮崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

ヘルカイザーの最後

 昨日放送の遊戯王デュエルモンスターズGX。今回は最高だった。



遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-148
『究極ドラゴン対決!サイバー・エンドvsレインボー・ダーク』

ヘルカイザー
LP3400
フィールド:
『サイバー・バリア・ドラゴン』
『サイバー・ドラゴン』×2

ヨハン
LP1900
フィールド:
魔法・罠
『A宝玉獣 サファイア・ペガサス』
『A宝玉獣 アメジスト・キャット』
『A宝玉獣 ルビー・カーバンクル』
リバース×1
フィールド魔法
『アドバンスド・ダーク』

 ヘルカイザーの『サイバー・ドラゴン』の攻撃をヨハンは伏せてあった『虹の行方』を発動し、『A宝玉獣 ルビー・カーバンクル』を墓地に送って攻撃を無効にし、そしてあるカードをデッキから手札に加える。

あるカードとわざわざ伏せなくても大体想像はつくだろう。

 ヨハンのターン、場と墓地に7種類の「A宝玉獣」があることで、『究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン』を特殊召喚。

『レインボー・ダーク』はもっとダークな感じかと思ったら『究極宝玉神 レインボー・ドラゴン』をただ薄暗くした感じだった。

『レインボー・ダーク』で『サイバー・バリア・ドラゴン』を攻撃。ヘルカイザーは『サイバー・バリア』の効果で攻撃を無効にしようとするが、『アドバンスド・ダーク』で効果を無効化され、大ダメージを受けてしまう。

 カイザーのターン、『フォトン・ジェネレーター・ユニット』で『サイバー・レーザー・ドラゴン』を特殊召喚し、その効果で『レインボー・ダーク』を破壊しようとするが、『レインボー・ダーク』の効果により宝玉状態の『A宝玉獣 アメジスト・キャット』を墓地に送って破壊を無効化する。

『サイバー・バリア』と『サイバー・レーザー』って必ず片方が出ればもう片方も登場するよね。

 ヨハンのターン、『レインボー・ダーク』で『サイバー・レーザー』を攻撃するが、カイザーは『サイバネティック・ヒドゥン・テクノロジー』を発動。『サイバー・レーザー』を墓地に送り、『レインボー・ダーク』を破壊し、バトルフェイズを終了させる。当然『レインボー・ダーク』の破壊は宝玉状態の『A宝玉獣 サファイア・ペガサス』を墓地に送ることで無効化。そしてヨハンのフィールドに宝玉は無くなる。

 カイザーのターン、『サイバー・ヴァリー』を召喚、そのモンスター効果で『ヴァリー』と『サイバネティック・ヒドゥン・テクノロジー』を除外、そしてデッキからカードを2枚ドロー。そして『オーバーロード・フュージョン』を発動。『サイドラ』×3、『サイバー・バリア』、『サイバー・レーザー』を除外し、『キメラテック・フォートレス・ドラゴン』を融合召喚する。『フォートレス』は融合素材の数だけ攻撃でき、攻撃するときにダメージ計算を行わないが、相手に400のダメージを与える。

この効果結構強いだろ。10体融合で4000ダメージいけるし。OCGでかなり弱体化しただろ、こいつ。

そして『フォートレス』の攻撃。
「エヴォリューション・リザルト・アーティラリー、ダイイチダァ!!
エヴォリューション・リザルト・アーティラリー、ダイニダァ!!
ダイサンダァ!!
ダイヨンダァ!!
とどめだ!エヴォリューション・リザルト・アーティラリー、ダイゴダァ!!」

しかし「ダイゴダァ!!」の前にヨハンは『レインボー・ライフ』を発動し、このターンに発生したダメージを無効にし、発生したダメージ分のライフを回復していた。

 ヨハンのターン、『レインボー・ダーク』で『フォートレス』を攻撃。カイザーは『次元誘爆』を発動。『フォートレス』を融合デッキに戻し、除外されていた『サイドラ』×3、『ヴァリー』を特殊召喚。さらに『ヴァリー』の効果で『ヴァリー』を除外してデッキからカードを1枚ドローし、バトルフェイズを終了させる。

 そして、カイザーのラストターン。カイザーは今ドローしたカードを発動させる。

「魔法カード、『パワー・ボンド』発動!!」

ここでの『パワー・ボンド』でかなり鳥肌たった。
しかも十代VSカイザー(初回)と十代VSカイザー(2回目)の回想もかなりよかった。

『パワー・ボンド』により、ATK8000の『サイバー・エンド・ドラゴン』が召喚される。

ここでカイザーはヨハンに取り付いているユベルを引き離し、自らの命と引き換えにデュエルを終わらそうとするが、ユベルの引き離しに失敗。

そして『サイバー・エンド』で攻撃するが、ヨハンは『カウンター・ジェム』を発動し、5つの宝玉が魔法・罠ゾーンに置かれる。さらに、『レインボー・ダーク』の効果で宝玉を墓地に送り、『レインボー・ダーク』の攻撃力が5000アップしてATK9000になってしまう。

カイザーは『サイバネティック・ゾーン』で『サイバー・エンド』を除外する。そして、エンドフェイズにATK16000となった『サイバー・エンド』が戻ってくる。しかし、『パワー・ボンド』の効果により4000のダメージでカイザーのLPは0に…

 カイザーのデュエルを見たことで十代は復活するが、カイザーは消えてしまう…

今回のカイザーは輝いてたぜ。

今日の最強カードは『キメラテック・フォートレス・ドラゴン』

フォートレス.bmp

『キメラテック・フォートレス・ドラゴン』(アニメオリジナル)
星8/闇属性
ATK 0/DEF 0
機械族・融合/効果
「サイバー・ドラゴン」+機械族モンスター1体以上
このモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できない。このカードの融合召喚に成功した時、このカード以外の自分フィールド上のカードを全て墓地へ送る。このカードが攻撃する時、ダメージ計算を行わない。このカードは融合素材にしたモンスターの数だけ相手モンスターを攻撃する事ができる。このカードが攻撃した時、相手プレイヤーに400ポイントのダメージを与える。

 これも『究極封印神エクゾディオス』と同じくアニメオリジナル効果なのでOCGの効果と混同しないように。

最近は『究極封印神エクゾディオス』といい『フォッシル・ダイナ パキケファロ』といいOCGとアニメで異なる効果を持つカードが多いな。


今回はプレゼントのお知らせがあった。
もらえるカードは
『E・HERO ストーム・ネオス』
『ユベル』
『究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン』

この3枚は11月発売のファントムダークネスに収録されているらしい。

ということは「A宝玉獣」とかもカード化するわけか。

でも「A宝玉獣」は『A宝玉獣 サファイア・ペガサス』がアニメのまま(OCGの『宝玉獣 サファイア・ペガサス』と同じ効果)だと「宝玉獣」に『サファイア・ペガサス』が事実上6枚積めることになるから何らかの効果の変更があるかと思う。

カイザー「俺は死なない。この輝く瞬間を感じている限り、俺に死の闇は訪れない。瞬間は永遠となるのだ!
posted by キヨシ at 23:14| 宮崎 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

ヘルカイザーVSヘルヨハン

 久々のGXの感想。



遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-147
『因縁の対決!サイバー流VS宝玉獣』

まずは先週の続きの十代VSガーディアン・バオウから。

十代:LP1800
フィールド:『E・HERO ワイルドマン』

バオウ:LP3000
フィールド:
『デビルスライム・モールド』
『ツインヘデッド・ビースト』
『レベル包囲網−グラビティ・ゲイン−』

 十代のターン、『融合』を使うか迷う十代に三沢は『融合』を使うことを促す。しかし、十代は『融合』を墓地に送り『融合破棄』を発動、融合デッキの『E・HERO ワイルドジャギーマン』を墓地に送り、手札から『E・HERO エッジマン』を特殊召喚する。
 更に『ヒーロー・マスク』により『E・HERO フェザーマン』を墓地に送り、『エッジマン』を『フェザーマン』扱いにし、『フェザー・ショット』を発動。そして『エッジマン』で『デビルスライム・モールド』、『ツインヘデッド・ビースト』を攻撃し終了。

 速攻で終了してしまい、やっぱりかませ犬だったバオウ。そしていつものようにうざい翔。いい加減翔にはうんざりするから、早く元に戻ってほしい。

 三沢の話によると、真の敵はユベルらしい。ここで三沢はコブラのことについて話してたけど、コブラがいたとき三沢はいなかったはず。三沢のことだから誰かから聞いたのだろうけど。
 そして覇王は十代の闇の一面らしく、覇王の力をコントロールしてこそ正義が実現する三沢が言っていたが、簡単に言えば十代がE-HEROを使うってことだよね。
 今回はいつも以上にしゃべる三沢であった。

 ここからが今日の本編の始まり。

 ついにヘルカイザーの前にヘルヨハンが姿を現す。なんかヨハンの格好が変だ。

 ヘルカイザーVSヨハンのデュエル

 先攻はヨハン。フィールド魔法『アドバンスド・ダーク』を発動。発動時のエフェクトが『オレイカルコスの結界』みたいだな。そして『A(アドバンスド)宝玉獣 アメジスト・キャット』を召喚。これは闇の宝玉獣みたいな感じ。

 そしてヘルカイザーのターン、いきなり『サイバー・ドラゴン』を特殊召喚し、『Aアメジスト』に攻撃。いつも思うんだがヘルカイザーが技名を言うときってなんか『エヴォリューション・バースター』と聞こえるんだよな。『Aアメジスト』は破壊されるが宝玉化し、『アドバンスド・ダーク』の効果で『A宝玉獣 コバルト・イーグル』を捨ててダメージを0にする。

 ヨハンのターン、『A宝玉獣 サファイア・ペガサス』を召喚。角がドリルになってます。『Aサファイア』の効果で『A宝玉獣 ルビー・カーバンクル』を魔法・罠ゾーンに置く。そして魔法・罠ゾーンに置かれた『Aルビー』の効果で『Aルビー』と『Aアメジスト』が特殊召喚される。
 さらに、『M・フォース』の効果で『Aサファイア』のATKを500アップさせ、『サイドラ』に攻撃するも、『アタック・リフレクター・ユニット』の効果で『サイバー・バリア・ドラゴン』を特殊召喚され、攻撃を中止する。そして、『Aアメジスト』でダイレクトアタックする。

 ヘルカイザーのターン、『サイバー・バリア』を攻撃表示にし、さらに2体の『サイドラ』を融合して『サイバー・ツイン・ドラゴン』を特殊召喚する。
 そして『サイバー・ツイン』で『Aサファイア』と『Aアメジスト』、『サイバー・バリア』で『Aルビー』を攻撃するも、『アドバンスド・ダーク』の効果により『A宝玉獣 エメラルド・タートル』『A宝玉獣 アンバー・マンモス』『A宝玉獣 トパーズ・タイガー』をデッキから墓地に送りダメージ0、破壊された「A宝玉獣」は宝玉化する。
 さらに『融合解除』で『サイバー・ツイン』の融合を解除し、『サイドラ』1体で攻撃し、そしてもう1体で攻撃するところで今日は終了。

 ユベルに操られ十代に歪んだ愛を語るヨハンと、心臓病によりデュエルできる状況で無いもののデュエルに興奮している変態カイザーのデュエルだった。けどかっこよかった。

 「A宝玉獣」は今回のデュエルを見る限りでは普通の「宝玉獣」とステータスと効果は変わってないようで。
 場と墓地に「A宝玉獣」が7種類そろったから『究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン』のフラグが立ったみたいである。

 来週は『究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン』と今月のVJ付録の『キメラテック・フォートレス・ドラゴン』が活躍するぜ。

 今日の最強カードは『サイバー・ツイン・ドラゴン』



ヨハン「孤独が作り出す苦しみや悲しみ、それこそ君が教えてくれた愛の形。
ラベル:遊戯王 遊戯王GX
posted by キヨシ at 23:55| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

ヘタレ十代

 遅くなったけど今週のGXの感想。



遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-146
『封印された融合』

 ヨハンを探して当ても無く進む十代だったが、扉を見つける。しかし、扉をくぐらせず、ヘタレとなった十代にデュエルを仕掛けるヘルカイザー。

ヘルカイザーVS十代

 先攻のヘルカイザーは『アーマード・サイバーン』を守備で召喚する。

 十代のターン、十代の手札は『E・HERO スパークマン』『E・HERO クレイマン』『スパークガン』『E-エマージェンシーコール』『融合』『ヒーローバリア』であり、普段の十代なら即融合して『E・HERO サンダー・ジャイアント』を出すと思われるが、ヘルガッチャ化のトラウマで『融合』を使うことが出来ず、しかも『クレイマン』を攻撃表示で出すうっかりミスをやってしまう。そして何とかしないとと思った十代は3枚伏せる。

 ヘルカイザーのターン、サイバー流積み込みにより、『パワー・ボンド』で『サイバー・エンド・ドラゴン』を手札融合し、さらに『サイバーン』を『サイバー・エンド』に装備。装備された『サイバーン』の効果で『サイバー・エンド』のATKを4000下げ、十代のフィールド上のカードを全て破壊する。しかもリバースカードを破壊するたびにカイザーによるプレイング指導のおまけつき。

 そしてヘルカイザーが十代のヘタレさに怒りを覚え「消えろ!十代!!」と絶叫したせいで心臓病によりデュエルは中断してしまう。地下デュエルのやりすぎで心臓病になったらしい。

 そして、このデュエルの一部始終を見ていた今頃登場の元覇王の側近ガーディアン・バオウが十代にデュエルを仕掛ける。今までの覇王の側近の扱いからこいつもかませ犬的な扱いなのだろう。

十代VSガーディアン・バオウ

 バオウのターン、バオウはATK500の『デビルスライム・モールド』を攻撃表示で召喚。弱いモンスターを攻撃表示で出すのが流行りですか。

 十代のターン、ドローでまた『融合』を引いてしまう。そして『E・HERO バーストレディ』で『デビルスライム・モールド』を攻撃するが、『レベル包囲網-グラビティ・ゲイン-』でLV4以下のモンスターは攻撃できなくなってしまう。

 そして、ここでの翔の台詞。
「融合を使えない十代はボクでも倒せる」
 融合を封じられた十代に負けた三沢のことを思い出してあげてください。

 バオウのターン、スタンバイフェイズに『デビルスライム・モールド』の効果で『デビルスライム・モールド』が3体に。そのうち1体が『グラビティ・ゲイン』の維持コストとなり、もう1体が『ツインヘデッド・ビースト』の生け贄となる。『ツインヘデッド・ビースト』とか言う微妙なカードが来た。2回攻撃でにより、『バーストレディ』を破壊し、十代へ直接攻撃。

 そして、ついに三沢キタ――――――――――――!!
 けど今回の活躍はここだけ。

 十代のターン、『E・HERO ワイルドマン』を召喚するが、手札には『融合』『E・HERO エッジマン』があるので『E・HERO ワイルドジャギーマン』を召喚すれば勝てるという状況で融合するのをためらってしまう。

 というところで終わり。十代は『融合』がトラウマになっているようだけど実際「E-HERO」は『ダーク・フュージョン』でしか融合できないんだから『ダーク・フュージョン』がトラウマになると思うのだが。

 そして来週お休みで再来週はついにヘルヨハンVSヘルカイザーのデュエルが!十代VSバオウなんてどうでもいいぜ。


 そして今日の最強カード。今日の紹介はヘルカイザー。

アーマード・サイバーン.JPG

『アーマード・サイバーン』(アニメオリジナル)
星4/風属性/機械族
ATK 0/DEF2000
ユニオン
1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに装備カード扱いとして自分の「サイバー」と名の付く機械族モンスターに装備、または装備を解除して表側攻撃表示で元に戻すことが可能。このターンのエンドフェイズまで装備モンスターの攻撃力を1000ポイントダウンさせることで、相手の場のカード1枚を破壊することができる。この効果はメインフェイズにしか使用できない。(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。装備モンスターが戦闘によって破壊される場合は、代わりにこのカードを破壊する。)

貴様の場のカード1枚を破壊してやるぞ。
ラベル:遊戯王 GX アニメ
posted by キヨシ at 23:55| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

エドVSアモン(後編)

 明後日はGLASの発売日であり、徐々にカード情報が出てきてる。ということで今日は昨日放送のGXの感想。



遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-145
『究極封印神エクゾディオス召喚!』

エドVSアモン決着。エドかっこいいよエド。

エド:LP4000
フィールド:
モンスター
『D-HERO ディスクガイ』
『D-HERO ダンクガイ』
『D-HERO ダイヤモンドガイ』

魔法
『フォース・オブ・フォー』

アモンLP1800
フィールド:無し


 『封印されしエクゾディア』が墓地へ行ったことで『究極封印解放儀式術』が発動する。そしてエドの説得の甲斐なく生け贄となるために自らエコーはアモンの元へ向かうのであった。

 そして、『究極封印解放儀式術』の効果で墓地の『封印されしエクゾディア』をデッキに戻し、手札から『封印されし者の右腕』『封印されし者の左腕』の2枚墓地に送り、『究極封印神エクゾディオス』が召喚される。そして、『エクゾディオス』の攻撃力は墓地の『エクゾディア』パーツ1枚につき1000となり、ATK2000。
 『エクゾディオス』で攻撃表示でぼさっと突っ立っていた『ディスクガイ』を攻撃する。更に効果で手札から『封印されし者の右足』を墓地に送りATK3000になりエドは大ダメージを受けてしまう。

 『エクゾディオス』はOCGと効果が違うらしいな。

 墓地にパーツが溜まるたびエクゾディアの手がエコーを締め付け、その様子を見るたびエドが「エコー!」と言ってるけど恋人気取りですかコノヤロー。

 エドのターン、『ダンクガイ』の効果で『D-HERO ディアボリックガイ』を捨て、アモンに500ダメージをあたえる。『ダイヤモンドガイ』の効果で墓地に送った『ドクターD』の効果で『D-HERO ディアボリックガイ』を除外し『ディスクガイ』を蘇生し『ディスクガイ』の効果で2枚ドロー。そしてフィールドの3体の「D-HERO」を生け贄に『D-HERO ドグマガイ』を召喚。『ドグマガイ』で『エクゾディオス』を攻撃。『エクゾディオス』は戦闘では破壊されないが、アモンにダメージを与える。

 アモンのターン、スタンバイフェイズに『ドグマガイ』の効果でLPは半分になり450に。そして『エクゾディオス』の攻撃により『封印されし者の左足』を墓地に送りATK4000となり『ドグマガイ』を破壊。そして『エクゾディア』にリーチが掛かる。

 『ドグマガイ』を攻撃するときのアモンの台詞「消えろ虫けら」はHA☆GAにでも使ってあげてください。

 『エクゾディア』パーツが墓地に送られるたびに『エクゾディオス』の筋肉が大きくなっていくが、なんかDCSみたいだな。

 そして、力のためにエコーを犠牲にするアモンに対するエドの台詞
「犠牲なんかじゃない!殺すんだ!」はかなりよかったね。

 そして、エドのターン、『D-マインド』を発動し、『D-HERO ディパーテッドガイ』を特殊召喚、墓地の『ディアボリックガイ』を除外しデッキから『ディアボリックガイ』を特殊召喚、『D3(ディー・キュービック)』を召喚。そして3体のモンスターを生け贄についに究極のD『D-HERO Bloo-D』が降臨!

 でもここで問題が。『ディアボリックガイ』は『ドクターD』の効果で除外されたはずなのにどうして墓地にいるのだろうか。仮に除外されたのが『ディアボリックガイ』じゃ無かったとしても、このカード以外に墓地に「D-HERO」は存在しないはずである。ヘルガッチャVSジム戦のLP計算といい製作者は何をやっているのか。

 そして、『Bloo-D』の効果で『エクゾディオス』を吸収しようとするが『エクゾディオス』は魔法・罠・効果を受けないので吸収できない。そしてエドは『ドレイン・タイム』を発動、お互いのバトルフェイズを1度だけスキップする。

 そしてここでのエドの台詞
「バトルフェイズをスキップしてメインフェイズ2に移行」
わざわざ移行しなくてもやれる事は同じだからメイン1のままでいいわけだし。製作者何考えてる?

 そしてアモンのターンのスタンバイフェイズにエドは『血の咆哮−ブラッド・ロアー』を発動。この効果で『ブラッド・ロアー』にブラッドカウンターが1つ乗る。アモンはバトルフェイズをスキップされ『エクゾディア』をそろえることが出来なく、カードを伏せてエンド。

 エドのターンのスタンバイフェイズに『ディパーテッドガイ』の効果で『ディパーテッドガイ』がアモンの場に攻撃表示で特殊召喚される。そして『Bloo-D』で『ディパーテッドガイ』を攻撃し、LPを削ろうとするがアモンの罠『封印防御壁』で攻撃が無効になりバトルフェイズを強制終了されられる。
 そして『Bloo-D』の効果で『ディパーテッドガイ』を吸収し攻撃力が上がる。

 そして運命のアモンのターン、スタンバイフェイズに『ブラッド・ロアー』にブラッドカウンターが乗る。そして、『エクゾディオス』の攻撃を『ブラッド・ディスチャージャー』で無効にする。そして、次のエドのターンに『ブラッド・ロアー』の効果で『Bloo-D』を破壊して『Bloo-D』の攻撃力分のダメージを与えて勝ち。


 となるはずだったが、エコーはエクゾディアに絞め殺され、アモンは『封印されし者の憤怒』を発動。このときエドは死を覚悟したようだった。『封印されし者の憤怒』で『ブラッド・ディスチャージャー』を無効にし、『エクゾディオス』の効果で墓地に『エクゾディア』がそろい、エクゾディアが解放される。

 そして、エドはエクゾディアの攻撃を受ける前に十代たちを逃がし、一人で攻撃を受け散っていった…。エドは最後までかっこよかった。

 最後にアモンは十代に対し「覇王の抜け殻に興味は無い」といっていたが、これは十代に覇王が取り付いていたもしくは操られていただけであって本物の覇王はどこかにいるという意味にも取れなくは無い。今後本物の覇王が出てくるのだろうか。


 今日の最強カードはもちろん『エクゾディオス』。

エクゾディオス.JPG

『究極封印神エクゾディオス』(アニメオリジナルカード)
星10/闇属性/魔法使い族
ATK ?/DEF 0
効果
このカードは「究極封印解放儀式術」の効果でのみ特殊召喚できる。このカードが攻撃するとき、デッキまたは手札から「封印されし」と名の付くモンスター1体を墓地に送る。このカードの攻撃力は自分の墓地に存在する「封印されし」と名の付くカード1枚につき、1000ポイントアップする。このカードは破壊されない。このカードは相手の魔法・罠・モンスターの効果を受けない。墓地に「封印されし」と名の付くカードが5枚揃ったとき、ゲームに勝利する。

 ちなみに『エクゾディオス』の召喚に必要なカード
『究極封印解放儀式術』
通常魔法
このカードが墓地にある場合、手札及び墓地に「封印されし」と名の付くカードが5枚あるときに発動できる。墓地にある「封印されし」と名の付くカードを全てデッキに戻す。手札から「封印されし」と名の付くカードを2枚墓地に送り、デッキまたは手札から「封印究極神エクゾディオス」1体を特殊召喚する(その後デッキをシャッフルする)。「封印究極神エクゾディオス」以外の効果で「封印されし」と名の付くカードが墓地に送られる場合、そのカードをデッキに戻す。

 OCGとは違うので混同しないように。こちらは召喚条件が厳しく、墓地に送れるカードと攻撃力が上がるカードが『エクゾディアパーツ』に限定されているが、戦闘、魔法、罠、効果による破壊も出来ないという最強のモンスター。
 OCGでは破壊耐性が無いのは惜しいが、使いやすくなっている。


 来週はついにあの方が登場する!


 テレビの前に『ウォーター・ドラゴン』を用意してください。

 ではいきますよ、

 みっさーわ↓
ラベル:遊戯王 GX アニメ
posted by キヨシ at 23:55| 宮崎 | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

エドVSアモンナノーネ

 昨日放送のGXの感想。




遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-144
『発動!究極封印解放儀式術』

 今回はエドがかっこよかった。そして久々のクロノス教諭の登場ナノーネ。あとアモンとエコーも久々の登場。おまけに十代も。エコーは本田の髪型している女でガラム財閥(アモンの家)の人間でアモンを愛しているらしい。

 アモンが登場するが、左手がコブラと同じようになっていて、ユベルの手下になっているらしかった。アモンはエクゾディアの復活を狙っているらしい。

 そして、アモンによって生け贄にされそうになるエコーを守るためにデュエルをすることになる。エドはエコーに対して「エコーは渡さない」みたいな事を言っていたのだが、エドはエコーに惚れてしまったようにしか見えない。これは1人の女性をめぐった男2人の戦いである。

 エドVSアモンのデュエル、先攻のアモンは『エア・サーキュレーター』を守備で出し、効果で手札から2枚デッキに戻して2枚引く。

 エドのターン、エドは『D-HERO ダイヤモンドガイ』を召喚、エドが未だ外したことの無い『ダイヤモンドガイ』のエフェクトにより『デステニー・ドロー』をセメタリーに置く。そして『ダイヤモンドガイ』で『エア・サーキュレーター』を戦闘破壊するが、『エア・サーキュレーター』の効果でアモンはカードを1枚ドロー。

 次のターン、アモンは『ディープ・ダイバー』を守備で召喚しただけで終了。お得意の雲魔物は使わないようで。

 そして、エドのターンで墓地にある『デステニー・ドロー』で2枚ドローし、『ダイヤモンドガイ』のエフェクトで『ドクターD』をセメタリーに送る。『D-HERO ダンクガイ』を召喚、そのエフェクトで『D-HERO ディスクガイ』をセメタリーに送り、アモンに500ダメージ。『幽獄の時計塔』を発動、更にリバースカード『エターナル・ドレッド』×2を発動し、『時計塔』の針を1周させる。そして『サイクロン』でわざわざ『時計塔』を破壊して『D-HERO ドレッドガイ』を召喚、そのエフェクトにより『D-HERO ディスクガイ』を召喚し、『ディスクガイ』のエフェクトで2枚ドロー。そこまでしますかエドさん…、もはやチートです。『ドレッドガイ』のATKは『ダイヤモンドガイ』(ATK1400)、『ディスクガイ』(ATK300)、『ダンクガイ』(ATK1200)の合計により2900に。
 『ダンクガイ』で『ディープ・ダイバー』を戦闘破壊、『ダイヤモンドガイ』と『ディスクガイ』でダイレクトが通り、『ドレッドガイ』の攻撃が通れば勝ちというときにアモンは『次元幽閉』により『ドレッドガイ』を除外。これは『炸裂装甲』の上位互換です。
 さらに『ディープ・ダイバー』の効果であるカード1枚をデッキの上に置く。しかしエドはこのときアモンの目的を察したようで『フォース・オブ・フォー』を発動する。この効果により、手札を4枚までしかもてなくなったアモンは1枚を墓地に送る。

 アモンのターン、『ディープ・ダイバー』の効果によって上に置かれたカードをドローするが、アモンの手札は4枚のため、『フォース・オブ・フォー』により手札に加わることなく墓地へ。そしてアモンの手札には『封印されし者の左足』『封印されし者の左腕』『封印されし者の右足』『封印されし者の右腕』、そして『フォース・オブ・フォー』によって墓地へ送られたカードは『封印されしエクゾディア』。しかし、『エクゾディア』が墓地に置かれたとき、エドのターンで墓地に送られていた魔法『究極封印解放儀式術』が発動してしまう。名前長いぞ。
 そして、アモンの言葉によりエクゾディアの生け贄となるためエコーは行ってしまう…


 EDをよく見ると十代に戻ったのに覇王の名が。ついに来週『究極封印神エクゾディオス』が登場する。

 そして今日の最強カードは『ダイヤモンドガイ』。今日の解説はなんとエド。そして最後は「運命を司る物、それがD-HEROだ。」というきめ台詞が。今日はエド大活躍だった。しかし、来週でエド見納めということにならなければよいのだが。
ラベル:遊戯王 遊戯王GX
posted by キヨシ at 02:30| 宮崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

ヘルガッチャVSオブ2

 前回の続きから。

先にこれを見てから読んだほうがいいと思う。



遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-143
『ヴォルカニック・デビルVS最凶のイービル・ヒーロー』

 さあ、いよいよヘルガッチャVSオブのデュエルのクライマックス。


オブ:LP2100
フィールド:無し

ヘルガッチャ:4000
フィールド:『E-HERO ワイルド・サイクロン』ATK1900

 オブのターン、守備で『ヴォルカニック・エッジ』を召喚し、ヘルガッチャに500ダメージを与えるが、ヘルガッチャのターンで『ワイルド・サイクロン』に戦闘破壊されてしまう。

 次のターン、オブは『ブレイズ・キャノン』→『ブレイズ・キャノン−トライデント』を発動、『ヴォルカニック・ハンマー』を墓地に送り、『ワイルド・サイクロン』を破壊して500ダメージ。更に『ファイヤー・バック』で手札から『ヴォルカニック・リボルバー』を墓地に送って『ヴォルカニック・ハンマー』を蘇生し、効果で400ダメージ。

 ヘルガッチャのターン、『ダーク・コーリング』によって、手札の『E・HERO バーストレディ』と墓地の『E・HERO クレイマン』を除外して『E-HERO ヘル・スナイパー』を召喚。その効果でオブに1000ダメージ。いつの間に『クレイマン』は墓地に行ったのか。『クレイマン』を墓地に送るようなシーンは無かったが。

 オブのターン、『トライデント』を墓地に送って『ヴォルカニック・デビル』を召喚。『デビル』の攻撃で『ヘル・スナイパー』を破壊し、『ハンマー』でヘルガッチャにダイレクト。これでヘルガッチャは鉄壁のライフ3桁(LP200)に。

 ヘルガッチャのターン、『E-HERO ヘル・ブラット』を特殊召喚し、それを生け贄に『E-HERO マリシャス・エッジ』を召喚。さらに『E-HERO ヘル・ブラット』の効果で1ドローし、『マリシャス・エッジ』に『ヴィシャス・クロー』を装備してATKを300上げる。『マリシャス・エッジ』で『ハンマー』への攻撃を試みるが、『デビル』の効果で攻撃対象が『デビル』へとなり、『マリシャス・エッジ』は返り討ちに。しかし、『ヴィシャス・クロー』の効果で『マリシャス・エッジ』の破壊は免れ、『ハンマー』を効果で破壊しオブに600のダメージ、『イービル・トークン』(ATK2500)をオブの場に召喚。更に『イービル・ブラスト』を発動し、『イービル・トークン』のATKを500上げる。しかし、『イービル・ブラスト』は相手のスタンバイフェイズに相手に500ダメージを与えるため、LP500のオブは負けてしまう。

 オブのターン、オブは神引きで『ファイヤー・サイクロン』を引き当て、『ヴォルカニック・カウンター』を墓地に送り、『イービル・ブラスト』を破壊し、スタンバイでの500ダメージを回避して生き延びる。そして、『デビル』で『マリシャス・エッジ』に攻撃を行うが、『超融合』により『マリシャス・エッジ』と『イービル・トークン』を融合され、『E-HERO マリシャス・デビル』(ATK3500)を召喚されてしまう。そして、『マリシャス・デビル』によって、『ヴォルカニック・デビル』は返り討ちにされ、500ダメージでオブのLPは0。

 だが、ここで終わるオブではなかった。墓地の『ヴォルカニック・カウンター』の効果でオブが受けるダメージ500はヘルガッチャにも与えられ、引き分けに。

 そしてオブは消滅するが、オリハルコンの眼によって、ヘルガッチャだけが消え、十代は生き残る。


おまけ
ヘルガッチャの手下とエド、ヘルカイザーのデュエル

カイザーVSカオス・ソーサラー

 皿はLP500で、場には『究極完全態グレート・モス』。『究極完全態グレート・モス』で『鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン』を破壊されるが、『サイバー・エンド・ドラゴン』を融合召喚し、『究極完全態グレート・モス』を破壊して終了。

 皿のくせに魔法使いとかじゃなく蟲かよ。しかもよく『プチモス』を破壊されずにここまで進化できたな。

熟練の黒魔術師&熟練の白魔導師VSエド

 魔法使いコンビのLPは2100。対するエドはLP500。エドは『D-HERO Bloo-D』を召喚。コンビは『エンド・オブ・ザ・ワールド』を発動、自身を生け贄に『終焉の王デミス』を召喚。効果で『D-HERO Bloo-D』を破壊しようとするが、前のターンに発動していた『D-フォース』により効果は無効。『デミス』は攻撃を行うが『ブラッド・カウンター』により『Bloo-D』に返り討ちで終了。

 もうOCG化しているのにまだ『Bloo-D』はオリジナル効果かよ。

 最後にヘルカイザーたちが城から去るときになってヘルガッチャの手下の一人、ガーディアン・バオウが登場するが、他の3人は闘ってたのにお前何やってたの?


 『E-HERO ヘル・ブラット』はなかなか強いんじゃないかと思った。

『E-HERO ヘル・ブラット』(アニメオリジナルカード)
星2/闇属性/悪魔族
ATK 300/DEF 600
効果
自分の場にモンスターが存在しないとき、このカードを手札から特殊召喚することができる。このカードがフィールド上から墓地に送られたとき、デッキからカードを1枚ドローする。この効果でドローしたカードは、このターンのエンドフェイズまで効果を無効とする。

 特殊召喚の条件が『サイバー・ドラゴン』よりも少し軽いのでヘルガッチャが『マリシャス・エッジ』を召喚したように帝の召喚サポートになる。しかもおまけに墓地に行ったら1ドローできる。しかし引いたカードは引いたターンには使えないみたいだが、それでも生け贄のアドを取り戻してるので強いと思う。

 来週は久しぶりにアモンが登場。アモンは最近話題になっている『究極封印神エクゾディオス』を使うらしい。あとクロノスも登場するノーネ。

 今日の最強カードは裏『E・HERO エッジマン』こと『E-HERO マリシャス・エッジ』

.

『E-HERO マリシャス・エッジ』
星7/地属性/悪魔族
ATK2600/DEF1800
効果
相手フィールド上にモンスターが存在する場合、このカードは生け贄1体で召喚することができる。このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

 VSジム戦、VSオブ戦ともにヘルガッチャが召喚した出番の多いE-HEROである。
ラベル:遊戯王GX
posted by キヨシ at 17:30| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘルガッチャVSオブ1

 3週分GXの感想を書いてなかったので今日は2週分書いてみる。といっても1話分はデュエルが無かったのでほとんど省略するが。

先にこれを見てから読んだほうがいいと思う。






遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-141
『恐怖の覇王!彷徨えるオブライエン』

 今回はエドとヘルカイザーがかっこよかった。ゴブリンエリート部隊のゴブリン2人が命乞いをするが、

ヘル「生憎、我らは正義の使いだとしても」
エド「ダークヒーロー系でね」

と言い『サイバー・エンド・ドラゴン』と『D-HERO Bloo-D』で2人を倒すところは特にかっこよかった。

 一方、ヘルガッチャに追われる夢を見たオブライエンはヘルガッチャに恐怖し、デュエルディスクを置いて出て行ったオブライエンは海神の巫女とダンシング・フェアリーの願いを拒否してしまうが、結局はきつね火に襲われた彼女らを救おうとするのがオブらしい。

 海神の巫女の効果にも助けられきつね火を撃退したオブは覇王に抵抗する人々の集まる町へ向かう。そこで魔天老と冥界の番人が裏で覇王軍につながっており、魔天老が覇王軍の一人であるスカルビショップと見抜いたオブはスカルビショップとデュエルをすることになる。


遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-142
『勝ち残る者が正義!覇王VSオブライエン』

 スカルビショップとオブのデュエル。

 スカルビショップの先攻で、モンスターとカードを1枚ずつセットして終了。アニメでは守備表示はいつも表だから怪しく思えてしまう。

 オブのターン、いきなり『ブレイズ・キャノン』→『ブレイズ・キャノン−トライデント』を発動し、『ヴォルカニック・バックショット』を墓地に送って伏せモンスターを破壊しようとするが、相手は『リバース・エフェクター』を発動し、伏せモンスター『魔導雑貨商人』のリバース効果を発動させる。その効果で12枚の通常モンスターを墓地に送り、『合成魔術』を手札に加えた。これはもう積み込みです。『リバース・エフェクター』の効果で『魔導雑貨商人』が墓地に送られることで『トライデント』の効果は不発。そして『バックショット』の効果でスカルビショップに500ダメージ。でも実際にはできません。さらに『ヴォルカニック・エッジ』の効果で500ダメージ。

 スカルビショップのターン、『合成魔術』により『ライカン・スロープ』が降臨。さらに装備魔法『不死の血統』によりATKが500アップ。『ライカン・スロープ』の『エッジ』への攻撃により『エッジ』が破壊されたことで『ヴォルカニック・アーマー』を発動し、相手に500ダメージを与えるが、戦闘ダメージと『ライカン・スロープ』の効果により、オブの残りLPは鉄壁の100に。

 オブのターン、『トライデント』を墓地に送って『ヴォルカニック・デビル』を召喚。さらに『ヴォルカニック・マイン』を発動し、相手の場に4体の『ボムトークン』を特殊召喚する。そして『デビル』の攻撃と効果により、スカルビショップのLPは0。

 そしてヘルガッチャのところへ乗り込んだオブとヘルガッチャのデュエルが始まる。

オブのターン、カードを1枚セットして終了。

ヘルガッチャのターン、いきなり『ダーク・フュージョン』で『E・HERO フェザーマン』と『E・HERO ワイルドマン』を融合させ、『E-HERO ワイルド・サイクロン』を召喚。このときの『ワイルドマン』も『フェザーマン』のように別イラストのようだった。『ワイルド・サイクロン』の効果により、伏せカードを発動できないオブは『ワイルド・サイクロン』の攻撃を受けてしまう。そして、『ワイルド・サイクロン』の効果により、伏せカード『ファイヤー・ウォール』も破壊されてしまう。


 スカルビショップの積み込みは王様の『狂戦士の魂』のドロー、モンスターカード!並みにひどい。いきなり初手に『ブレイズ・キャノン』と『トライデント』を持っているオブもどうかと思うが。

 ヘルガッチャVSオブで破壊された伏せカードは『ファイヤー・ウォール』だったのだが『ワイルド・サイクロン』の攻撃時に発動を宣言していたが、墓地に炎族モンスターがいないから攻撃を無効にできないのではないか。


 ちなみに141話の最強カードは『海神の巫女』、142話は『ライカン・スロープ』。

ラベル:遊戯王GX
posted by キヨシ at 02:12| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

ヘルガッチャVSジム2

今週のGXの感想。ネタバレ嫌いな人は見ないほうがいいと思う。

遊戯王デュエルモンスターズGX TURN-140
『空前絶後・超融合発動!』

化石使いジムVSヘルガッチャその2

ジム:LP950
フィールド:『中生代化石騎士 スカルナイト』ATK2400

ヘルガッチャ:1950
フィールド:無し

 ヘルガッチャのターン、『O-オーバーソウル』で『E・HERO フェザーマン』を蘇生し生け贄にして『E-HERO マリシャス・エッジ』を召喚し、『スカルナイト』を戦闘破壊。ジムのLPは750に。親友を助けるために倒れても立ち上がるジムがかっこいい。そして覇王のプレッシャーに恐怖を覚えるオブライエン。

 ジムはフィールド魔法『聖地の守護結界』を発動し、『ウルルの守護者』を守備表示で召喚。

 ヘルガッチャのターン、『マリシャス・エッジ』で『ウルルの守護者』を攻撃。『守護結界』の効果で『ウルルの守護者』は一度だけ破壊を免れるが、『マリシャス・エッジ』の効果で貫通ダメージ。ジムのLPは450に。

 ジムはカードを伏せターンエンドし、ヘルガッチャのターン、『E-HERO ヘル・ゲイナー』を召喚。『マリシャス・エッジ』の攻撃で『ウルルの守護者』を戦闘破壊し、貫通ダメージでLP150。ジムは罠モンスター『守護精霊ウルル』を特殊召喚するが、『ヘル・ゲイナー』の効果で『ヘル・ゲイナー』を2ターン除外、『マリシャス・エッジ』のスイカ攻撃で『守護精霊ウルル』を戦闘破壊。そしてジムはLP50まで追い込まれる。

 それでもジムは立ち上がり、『フォッシル・ハンマー』を発動、この効果で『マリシャス・エッジ』を破壊し、ヘルガッチャは『フェザーマン』を召喚する。ジムは『フォッシル・ダイナ パキケファロ』を召喚し、『フェザーマン』を戦闘破壊。『パキケファロ』は効果で守備表示になり、『フェザーマン』の守備力分自身の守備力がUPしDEF2300に。

 ヘルガッチャは『ダーク・フュージョン』で『E・HERO スパークマン』と『E・HERO クレイマン』を融合し、『E-HERO ライトニング・ゴーレム』を召喚。効果で『パキケファロ』を破壊しようとするも『守護結界』で1度だけ破壊を免れるが、『ライトニング・ゴーレム』の攻撃で破壊されてしまう。

 そしてジムは『奇跡の穿孔』の効果でカードを1枚ドロー。奇跡のドロー(チート)で『地球巨人 ガイア・プレート』を召喚。効果で『ライトニング・ゴーレム』の攻撃力を半減して攻撃。ヘルガッチャのLPは一気に50に。

 これで十代が戻ってくるかと思ったら結局ヘルガッチャのままで、除外されていた『ヘル・ゲイナー』が戻ってくる。そしてついに…

 「手札を1枚墓地に送り、見せてやろう、心の闇が作り出した最強の力の象徴。絶対無敵、究極の力を解き放て!発動せよ、『超融合』!!」

 『超融合』は速攻魔法で、自分のフィールド上のモンスターとフィールド上のあらゆるカードと融合可能であり、カウンターすることはできないらしい。この効果でヘルガッチャの『ヘル・ゲイナー』とジムの『ガイア・プレート』を融合し、『E-HERO ダーク・ガイア』を融合召喚する。『ダーク・ガイア』の攻撃力は融合素材にした『ヘル・ゲイナー』(ATK1600)と『ガイア・プレート』(ATK2800)の合計値4400。この攻撃力4400のモンスターに腰を抜かすオブ。そしてがら空きのジムの場にダイレクトアタック。

 ジムは負け、オブライエンに全てを託し消滅。ついでにカレン(ワニ)も消滅。そして残った「オリハルコンの眼」を拾ったオブは立ち上がると…

















 「うわあああああああああああああああああああああああああああ」

と1回こけて逃げてしまった。ヘタレオブ誕生の瞬間である。

 いろんなところで言われてるけど本当は『ガイア・プレート』の攻撃が通った時点でジムの勝ちだった。先週のGXを見ると判るが、ATK2400の『スカル・ナイト』がATK1050の『E-HERO インフェルノ・ウィング』に攻撃したとき、ヘルガッチャのLPは3200だった。これから2400-1050=1350のダメージで本当のヘルガッチャのLPは1850だったはず。しかしダメージを受けた後のヘルガッチャのLPは1950となっている。この差によってジムは負けてしまった。これもヘルガッチャのチート能力なのだろう。

 今日はジムのかっこよさとオブのヘタレさがかなり出てた。ジムが死ぬのは惜しい気もする。そしてあの冷静で寡黙なオブがヘタレ化してしまったのはうけた。今後のヘタレオブの活躍に期待。

 ヘルガッチャの「E-HERO」がたくさん出てきた。今日出た「E-HERO」もGALSに収録されるのだろうか。


現在のGXの状況の整理

・十代…覇王
・翔 …傍観者
・オブ…ヘタレ
・エド…とりあえず生存
・ヘルカイザー…生存しているが死亡フラグ
・三沢ソス…タニヤといっしょ
・ヨハン…?
・クロノス…?
・アモン…?
・ジム(&カレン)…死亡
・サンダー…死亡
・ザウルス…死亡
・ブッキー…死亡
・アスリン…死亡

 そして今日の最強カード

ダーク・ガイア.JPG

『E-HERO ダーク・ガイア』※アニメオリジナルカード
星8/地属性/悪魔族
ATK ?/DEF 0
融合・効果
悪魔族モンスター+岩石族モンスター
このモンスターは「ダーク・フュージョン」による融合召喚でしか特殊召喚できない。このカードの元々の攻撃力は、融合素材に使用したモンスターの攻撃力の合計の数値となる。このカードの攻撃宣言時、相手の場の守備表示モンスター全てを表側攻撃表示にすることができる(このとき、リバース効果モンスターの効果は発動しない)。

 アニメカードはいつもどおりFlying in the skyを参考にしてください。





 余談だが今日はムスカの日だったのでニコニコが盛り上がってた。ムスカということで俺も見てた。

ムスカ2.JPG

 「目が、目がああああああああああああああ」

ラベル:遊戯王 GX ムスカ
posted by キヨシ at 23:55| 宮崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

ヘルガッチャVS化石

 ネタ無いので今週のGXの感想でも。ネタバレ嫌いな人は見ないほうがいいと思う。

 先週のお話は覇王の砦に乗り込んだジムとオブライエンが覇王が十代だということを知ってしまったところで終わり。そしてついにヘルガッチャこと覇王十代とジムとのデュエルが始まった。

 先攻のジムは『シェル・ナイト』を召喚し、その効果でヘルガッチャに500ダメージ。

 後攻のヘルガッチャはいきなりのチート発動。悪魔族専用融合カード(といっているが事実上E-HERO専用の融合カード)の『ダーク・フュージョン』で手札の『E・HERO フェザーマン』と『E・HERO バーストレディ』を融合し、ついに『E-HERO(イービルヒーロー) インフェルノ・ウィング』が姿を現した。名前がかっこいい。女性型のHEROで『バーストの姉御』が主体になっているっぽい。

 『インフェルノ・ウィング』の攻撃でジムがなんと『炸裂装甲』を発動。それありですか、ジムさん…とか思ってたら『ダーク・フュージョン』の効果で融合召喚したモンスターは召喚ターンは魔法、罠の効果で破壊されないらしい。所詮はアニメでした。

 『シェル・ナイト』が『インフェルノ・ウィング』により戦闘破壊され、『インフェルノ・ウィング』の効果でジムのLPは1900に。『E・HERO フレイム・ウィングマン』『E・HERO フェニックス・ガイ』乙ってくらい『インフェルノ・ウィング』つえー!『E・HERO ネオス』よりも「E-HERO」使ってるほうがかっこいいから十代は覇王のままでいてください。

 そしてジムの右目の「オリハルコンの眼」が発動。その力でジムとオブライエンが十代の心を覗く。どうみてもペガサスです。ありがとうございました。そして毎週のごとく流れるサンダー、ザウルス、ブッキー、アスリンの死ぬシーンはうんざり。
 
 再びデュエルに戻ってジムは『化石融合−フォッシル・フュージョン』を発動し、ヘルガッチャの墓地の『バーストの姉御』とジムの墓地の『シェル・ナイト』を融合し『新生代化石騎士 スカルポーン』を召喚し、LPを半分払って『タイム・ストリーム』を発動し、『スカルポーン』を逆進化させ、『中生代化石騎士 スカルナイト』を召喚。『スカルナイト』で『インフェルノ・ウィング』を攻撃、そして『ハーフ・ライフ』で『インフェルノ・ウィング』の破壊を無効にし、攻撃力を半分にする。どうしてそんなことするのかと思ってたら『スカルナイト』の効果で『インフェルノ・ウィング』にスイカ攻撃して十代のLPを大きく削った。

 それで次週は『超融合』なるカードが発動されるらしい。この世界のデュエルは負けたほうが死ぬので、主人公が負けて死ぬのはありえないからたぶんジムが負けるだろう。それかこのまま十代が死んで主人公がヨハンに交代して新シリーズというパターンもありか。後味悪いけど。

 今日の最強カードで『インフェルノ・ウィング』が登場。

インフェルノ・ウイング.bmp

『E-HERO(イービルヒーロー) インフェルノ・ウィング』※アニメオリジナルカード
星6/炎属性/悪魔族
ATK 2100/DEF 1200
融合・効果
「E・HERO フェザーマン」+「E・HERO バーストレディ」
このモンスターは「ダーク・フュージョン」による融合召喚でしか特殊召喚できない。このカードが守備表示モンスターを攻撃したとき、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手に戦闘ダメージを与える。このカードが戦闘でモンスターを破壊して墓地に送ったとき、攻撃力か守備力の高い方の数値分のダメージを相手に与える。

 先週はジムが解説してたのに翔に戻ってる。ヘルガッチャに解説してほしかった。

 おまけに先週分の最強カード
スカルコンボイ.JPG

『古生代化石マシン スカルコンボイ』※アニメオリジナルカード
星8/地属性/岩石族
ATK 2100/DEF 1800
融合・効果
自分の墓地の岩石族モンスター+相手の墓地のレベル7以上の機械族モンスター
このカードは「化石融合−フォッシル・フュージョン」の効果でのみ特殊召喚できる。相手の場にモンスターが存在する場合のみ、このカードは1度のバトルフェイズ中に3回まで攻撃をすることができる。戦闘で破壊して墓地に送ったモンスター1体につき、1000ポイントのダメージを相手に与える。

アニメカードの詳細が知りたい人はFlying in the skyを参考にしてください。



 なんか来週発売のジャンプにのっているらしいのだが、次のグラディエーターズ・アサルトに『インフェルノ・ウィング』や他の「E-HERO」、『ダーク・フュージョン』が収録されるらしい。こんなに早く収録が決まるとかなんかネタ切れっぽくない?
ラベル:遊戯王 GX
posted by キヨシ at 02:49| 宮崎 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。